logo

映画 ラスト エレベーター クビ

ラスト・シフト 最期の夜勤の作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。誰もいない深夜の警察署で怪現象に襲われた新人女性警官. 年、過去最悪の犯罪件数を記録しているシカゴ。 名外科医ポール・カージーは妻のルーシー、娘のジョーダンと郊外の邸宅で幸せに暮らしていました。 高校生のジョーダンはNYの希望大学に合学、ルーシーも努力を認められてポールと同じく医師の資格を手に入れ、一家揃って順風満帆。. 舞台はフランス。インドシナ戦争帰りで今は商社マンとして働くジュリアンは、ある女性と不倫関係にありました。女性の名前はフロランス、ジュリアンが勤める会社の社長カララの妻でした。二人は幸せをつかむため、やがてカララ殺害を計画するようになります。 計画決行日、ジュリアンはフロランスに電話で愛を伝えると、カララ殺害を実行に移しました。ジュリアンは自分の執務室の窓から上階に昇り社長室に侵入、ピストル自殺に見せかけてカララを殺害しました。後はカフェでフロランスと落ち合うだけとなりましたが、車に荷物を置いて発とうとしたそのとき、ジュリアンは重要な証拠を現場に残してしまったことに気づきました。 ジュリアンは荷物を車に置いたまま会社に戻ってエレベーターに乗り込みますが、途中でエレベーターが停止してしまいました。従業員全員がビルから出たと判断し、警備員が主電源を切ってしまったのです。真っ暗なエレベーターの中で脱出する方法を模索するジュリアン。しかし、有効な方法は見つからず、ジュリアンはそのまま長い夜をエレベーターの中で過ごすこととなってしまいました。 一方、カフェで待っていたフロランスはジュリアンがいっこうに現れないことを心配し、ジュリアンの会社へと向かいました。その途中のことでした。フロランスはジュリアンの車が目の前を走り去って行くのを目撃します。運転席はよく見えませんでしたが、助手席には若い娘が乗っていました。その娘はフロランスも知る人物で、ジュリアンの会社の近くの花屋で働くベロニクという娘でした。ジュリアンがベロニクを車に乗せる理由がわからず、苦悩するフロランス。その後、フロランスは夜中ジュリアンを探して回りますが、ジュリアンの行方はついにつかむことはできませんでした。 ジュリアンの車にベロニクが乗っていたのは、理由がありました。ベロニクの恋人で不良青年のルイがジュリアンのいない隙に車を盗み、ベロニクを連れてドライブに出かけたのです。ルイはジュリアンのような裕福な男が気に入らず、車内に残された私物を物色していきました。ルイはその中に拳銃や超小型カメラがあることに気づくと、そのまま自分のものにしてしまいました。 クビ ドライブに出てしばらく経つと、ルイたちのすぐ近くにスピードを出したメルセデス車が迫ってきました。ドイツを毛嫌いするルイはメルセデス車を追いかけ始め、やがて二台の車は激. ラストでひっくり返される驚き、というのは映画やドラマのの面白さのひとつだ。「やられた!」から「???」まで、さまざまなどんでん返しの映画がある。株式会社CMサイトのランキングサイト「ランキングー!」( )が行った「ラストのどんでん返しに驚いた映画ランキング」から、10. ラストシーンへの伏線. 【公開】 年(アメリカ映画) 【監督】 イーライ・ロス 【原作】 ブライアン・ガーフィールド 【キャスト】 ブルース・ウィリス、ヴィンセント・ドノフリオ、エリザベス・シュー、カミラ・モローネ、ボー・ナップ、ジャック・ケジー、カービー・ブリス・ブラントン、ディーン・ノリス、キンバリー・エリス、レン・キリオー 【作品概要】 善良に暮らしてきた外科医一家を襲う悲劇。警察は犯人を捕まえられず、痺れを切らした主人公は自分で工夫を凝らして武装して犯人を追い詰めていく。 ブライアン・ガーフィールド原作『Death Wish』を、1974年のチャールズ・ブロンソン主演作『狼よさらば』に続いて再映画化。 主人公ポール・カージーは言わずと知れたアクションスター、ブルース・ウィリス。 その弟役で『フルメタルジャケット』の”ほほえみデブ”で有名なヴィンセント・ドノフリオが名演を見せています。 監督は名作ホラー『食人族』『メイクアップ』をそれぞれ『グリーンインフェルノ』『ノックノック』にリメイクし、現代風にアップデートさせた実績のあるイーライ・ロス。 しっかり現代的設定を盛り込み、主人公の職業を建築士から医者に変え、よりリアルな話となっている点にも注目です。. スカッとすることもできますし、疑問を持ち帰ることもできる多層構造の映画です。 ブロンソン版「狼よさらば」には4つの続編があり、本作も続編が期待できる終り方になっています。 アクション映画ファンとしては、シネコンにブルース・ウィリスが戻ってきてくれただけでも本当に嬉しい限りです。 ブルースのキャリア後期の代表作になるでしょう。. かれは実に41時間もの間、エレベーターの中で救助を待ち続けていたのだ。 強引に扉を開けてもそこにあるのは分厚い壁、映画のように天井から脱出するなんて現実には不可能。.

警部たちと警備員はこんな会話をしながら上階に昇り、その間にジュリアンはこっそりビルから出て行きました。 ドイツ人夫婦殺害事件はすでに新聞の一面に載っており、ジュリアンはすぐに警察に捕まりました。しかし、ジュリアンにとってドイツ人夫婦殺害事件は寝耳に水で、警察にはやっていないと答えることしかできません。ジュリアンは正直にエレベーターに閉じ込められていたと答えますが、警部たちはそれをウソと決めつけ相手にしようとしません。一方で、警部たちはカララの死体を発見しており、その捜査も併行して進めていました。しかし、カララの死とジュリアンを結びつけようとはしないのでした。. 映画『シャイニング』の作品情報 あらすじ 予告動画 動画リンク 映画『シャイニング』の感想 ジャック・ニコルソンが怖い 謎多きホラー映画 映画『シャイニング』の考察 映画 ラスト エレベーター クビ ラストの写真の意味&結末 エレベーター前の大量の血液 凶器が斧な理由 双子が. 100ドル札数十枚をフィルに渡し靴下に隠すように言うグロリア。 伏線. 眼鏡をかけた中年男性がエレベーターのところへやってくると、入れてくれとクラウディオに頼みました。 正常な人間に見え、入れたいのはやまやまですが、隙間が開かないのだとクラウディオは答えます。 男性は、ゾンビに追われて逃げました。 秘書の女性・サラが追われているのを見たクラウディオは、音を立ててゾンビたちをひきつけようとしますが、ゾンビたちはサラを追っていきました。 エレベーター内でスマホ片手に、襲撃の動画を見たクラウディオは、すさまじい形相の人たちに市民が襲われている様子を見ます。 それは、今まさしくクラウディオがビル内で見た人たちと、全く同じでした。 外の世界ではゾンビが大量発生していると、クラウディオは知ります。 エレベーター内に停電が起き、クラウディオは驚きます。 映画 ラスト エレベーター クビ 外にゾンビが立ち、クラウディオはピンチかと感じましたが、ゾンビに発砲した者がいました。 発砲した人は、警官のマルチェッロという男性です。 マルチェッロは「警察は俺だけだ。本部とは連絡が取れない」とクラウディオに答えます。 マルチェッロはクラウディオを、エレベーターから救出しようと考えました。 クラウディオに発電機の場所を聞いたマルチェッロは、無線機と拳銃を渡すと、無線で誘導してくれと言います。 停電を復旧させるのが、マルチェッロの第一の作戦です。 マルチェッロはクラウディオの指示に従って9階まで上りますが、そこから先にゾンビがいるので進めないと言います。 クラウディオは記憶を頼りに、9階の外に作業用の足場が組まれていたことを告げました。 映画 ラスト エレベーター クビ マルチェッロは足場を使って上階へ行き、エレベーターの電力を復旧させます。 マルチェッロが戻ってくるのを待つあいだ、クラウディオは外扉がなぜ開かないのかチェックします。 見ると、扉の奥に何かストッパーのような障害物があり、それが邪魔をしているのだと判明しました。 ゾンビが襲ってきたので、クラウディオは勇気を振るって拳銃を発砲し、ゾンビを撃退します。 その後もエレベーターの外を通過する者がいますが、誰もクラウディオに気を払う者がいません。 通る正常な人はみな、自分たちを追ってくるゾンビに気を取られていました。 外界から隔てられたクラウディオは、疎外感を抱きます。 夕方。 呆然としていたクラウディオのエレベーターの天板から、マルチェッロが入ってきました。 連絡がふっつ. 『ラストウィンドウ 真夜中の約束』(ラストウィンドウ まよなかのやくそく)は、年 1月14日に、任天堂から発売されたニンテンドーds用ゲームソフト。『ウィッシュルーム 天使の記憶』の続編。. 映画「ゴールデンスランバー」について。ラストのエレベーターのシーンで、竹内結子は堺雅人をエレベーターのボタンの押し方で本人だと気づくわけですが、 なぜボタンの押し方で分かるんですか?そのシーンまでにボタンの押し方のくだりありましたっけ?あったらどのシーンか詳しく.

映画 ラスト エレベーター クビ というこのニュースは、ゾンビ発生の知らせだったのですが、クラウディオは耳を貸さないままでした。 パノプティコム社に到着したクラウディオは、これから大事な会議を行なう予定です。 エレベーターの中で一緒になった女性と、ヨリを戻したがったクラウディオは、振られました。浮気ばかりしていることに、女性はうんざりしていました。 女性は途中でエレベーターを降り、クラウディオは10階へ行く予定です。 エレベーターの中で、電話が鳴りました。妻のロレーナからです。 昨夜から起きている襲撃事件についてロレーナが不安を訴え、「牛乳を買ってきてほしい」と頼みますが、クラウディオは怒りました。これから大事な会議なのに、そんな用件で電話をかけてくるなと切ります。 直後、エレベーターが6階と7階のあいだで停止しました。 閉所恐怖症のクラウディオは、不安になります。 エレベーター内のボタンを押し、管理会社に問い合わせをすると「屋上にある発電機に問題があるようだ。今から向かわせる」という言葉が返ってきました。 発電機に関しては、つい2か月前にも同じトラブルが発生し、発電機を交換したばかりなのですが、管理会社に聞くと「別の発電機に問題が起きた」そうです。 クラウディオは秘書のサラに電話をし、これから会う相手・サンティに待っておいてくれと頼みました。 空調に不具合はないので、クラウディオはエレベーター内でタバコを吸います。. 映画「死刑台のエレベーター」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *年、日本映画 *出演:吉瀬美智子、阿部寛、玉山鉄二、北川景子、平泉成、りょう、笹野高史、熊谷真実、田中哲司、堀部圭亮、町田マリー、上田耕一、津川雅彦. See full list on cinemarche. ゆれる()の映画情報。評価レビュー 件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:オダギリジョー 他。 『蛇イチゴ』の西川美和監督が兄弟を主人公に、家族のきずなや絶望からの再生を描くシリアスドラマ。. ある冬の朝、世界中にチョコレートが配達されました。 《ニューヨーク行き》 《ロンドン行き》 《東京行き》 そのチョコレートにはある「仕掛け」がありました。 それは、世界中で愛されている「ウォンカのとびきりめちゃうまチョコ」にたったの五枚だけ「ゴールデンチケット」が入っているのです。 そのゴールデンチケットを手に入れたものだけが、何十年も立ち入りが禁止されていたウォンカの工場の中に招待されるのです。 このアナウンスに世界中の人が白熱しました。 ある日を境に、ウォンカの工場から人の出入りが途絶えてしまったのです。それは従業員がレシピを盗み、横流しにし始めたことがきっかけでした。 ウォンカの類似商品が世を出回り、ウォンカは工場を畳まざるを得ない状況に追い込まれました。 それからというもの、工場から出てくるのは商品だけになりました。 工場ではどのような製造が行われているのか、何も明かされません。.

どんでん返しの映画は、初めて見たときはただただどんでん返しに驚くだけですが、2回目以降は伏線を回収しながら見ることができるので、何度見ても飽きないジャンルの映画です。そんなどんでん返し映画の邦画を、おすすめのランキング順でご紹介していきます。まだ見てない名作に. 映画『悪夢のエレベーター』ネタバレ 感想. 出典:映画情報のぴあ映画生活 結論から言うと山小屋の5人はあらゆる隠しカメラで謎の組織に盗撮されています。 監視しながら賭けをおこなう組織のことなど知る由もなく、5人は地下室を発見。. 【映画】陽だまりの彼女 最初で最後の恋(うそ)だった。 あらすじ 予告 キャスト 感想 ストーリーネタバレ 解説考察 原作とのラストの違いは? ラストどうして真緒は戻ってきたのか まとめ あらすじ 取引相手を訪ねた新人営業マンの浩介(松本潤)は、そこで同じ中学校に通っていた幼なじみ. 評価 ★★★★☆4/5 評価は、星4つです! その理由は、 1.

ウォンカ本人を目の前にした5人の子供たち。彼らのうち工場を手にすることができるのは誰でしょうか? 気になる結末を急ぐ前に、ここからはこの映画の見どころをご紹介していきましょう! 映画 ラスト エレベーター クビ 映画を見たときに作品がもっと楽しめますよ!. 全米公開日が運命を分けた気が ☆2. グロリアの乗ったエレベーターが上から銃撃される。とても助かるとは思えない。 エレベーターがゆっくり下降していく。棺が埋葬されるのをイメージさせる。. 当日。 ゴールデンチケットを手にチャーリーはおじいちゃんと一緒に工場へやってきます。門の外にはマスコミが勢ぞろいしています。幕を閉じたウォンカの工場が十数年ぶりに開かれるからです。 チャーリーの脇に並ぶ4人の子供と同伴する父・母も緊張をしています。 「前に進んで」 どこからともなく声が聞こえてきました。この声はウォンカの声です。 長い間姿を隠し続けた彼、ウォンカ。彼に会えるのはもうすぐです。 世界中の緊張が高まります。一体何が始まるんだろう そしてゆっくり幕が開くと・・・ 〜♪ウィリー・ウォンカ、ウィリー・ウォンカ、素晴らしいショコラティエ! 〜♪ウィリー・ウォンカ、ウィリー・ウォンカ、みんなで彼にエールを送ろう! 可愛らしい音楽とともに、メリーゴーランドのような夢に溢れる人形たちが動き始めました。 世界中の人から愛されるお菓子を作り続けたショコラティエです。完璧な演出に期待が高まり、音楽も半ばに入ると・・・ 設計ミスなのか何かが点火し、瞬く間に人形たちは火にあぶられました。プラスチックが溶け始め、顔はやけ、目が飛び出し、もう夢もかけらもありません。音楽までも調がどんどん狂い始め. 数日後、ポールの誕生日。ルーシーとジョーダンは家でバースデーケーキを作っていました。 そこに覆面をかぶった強盗3人組が銃を持って乗り込んできます。 ジョーダンは隙を見て男の顔をナイフで切りつけ、男は痛みで覆面を外します。 顔を見られてしまったので彼女たちを銃撃する強盗。 ポールの病院に妻子が運ばれ、ポールは家族のもとに駆けつけますが、ルーシーは胸を打たれ既に死亡、ジョーダンは頭に銃弾を受けて昏睡状態になっていました。 悲しみに暮れるポールのもとに、シカゴ警察の刑事のレインズとジャクソンがやってきて、半年で6件も強盗が起きている事を話します。 ジョーダンはいつ昏睡状態から目が覚めるかわかりません。 ポールはルーシーの遺体を彼女の故郷テキサスに連れて行きます。 葬儀後、近くの草原で密猟者を発見した義父は車にあったショットガンを持ち出し、逃げ出す密猟者たちに向けて発砲します。 義父は「警察が来るのは事件の後、自分の身は自分で守るしかない」と言います。 シカゴに戻ってからもポールは絶望と不安に苛まれ、ろくに睡眠も取れていませんでした。 レインズに捜査状況を尋ねますが、犯罪者が多すぎて捜査は難航。わかっているのは犯人が3人組という事だけとレインズは言います。 ある夜、女性が暴漢に襲われそうになっているのを見てポールは声をかけます。女性は隙を見て逃げましたが、ポールは男達に暴力を振るわれて.

All Rights Reserved. チョコレートの風味香る夢の世界と大人のシニカルなスパイスの効いたクセになる映画でした! チョコレートや甘いお菓子が製造されるウォンカの工場は、子供の夢をかき集めたような甘くて幸せな空間です。 飛沫(しぶき)を立てる滝はチョコレート、咲いている花はキャンディー、足元には砂糖でできた芝生。もう子供のための世界じゃないですか。 ところがどっこい、工場長・ウォンカは工場で身勝手な行動をとるわがままな子供たちに制裁を下すんですね(笑) 「蛙の子は蛙」ということわざの通り、子供の問題の出どころは親にあるんです。 その描写が見事です。制裁を下されて慌てふためく親子を見るウォンカの不気味な笑いの挿入も絶妙です。 そのスパイスの源はロアルド・ダール原作を映画化したこの作品。彼の作品はユーモラスで、作風を残しつつティム・バートンの世界を全開に繰り広げた、という感じです。 まさにロアルド・ダールとティム・バートンの幸福な出会いです!!!. 5 【映画・ラストサムライで日本の書冩山圓教寺がロケ地になったそうですがラストサムライのどこのシーンで使 6 “最強のふたり"か“最強の二人"か日本語タイトルのフランス映画で流れていた曲です。. チョコレート工場が圧巻だった! 2. 「ラストのどんでん返しに驚いた映画ランキング」のトップ10が、ランキングサイト「ランキングー!」にて発表され、『シックス・センス』が1. . 映画『おもいで写眞』が年1月29日から公開される。 映画『君に届け』などの熊澤尚人が、「人が生きる豊かさと年を重ねる美しさ」を描いた.

ウォンカのシニカルな笑いがツボだった! 3. See full list on hm-hm. 映画『ナインイレヴン 運命を分けた日』はエレベーター脱出劇。ラストは感動必至!.

?. . 世界中が「ゴールデンチケット」を欲しがりました。 チャーリーもその一人でした。 彼は町の中で最も古い家に住んでいました。 なので、家は古くて傾いていました。 父親は歯磨き工場に勤めていますが、最近解雇されていました。工場に機械が導入されたのです。 「キャベツスープが一番よね」 彼らは毎日キャベツスープを食べていました。しかし心優しい少年チャーリーは文句も言いません。 そして年に一度の楽しみがやってきました。 彼の誕生日です。 彼は年に一回、誕生日に「ウォンカのとびきりめちゃうまチョコ」を食べるのです。 家族が見守る中、恐る恐る包みを開けました、しかしゴールデンチケットは入っていませんでした。 映画 ラスト エレベーター クビ 「でもチョコレートはある」 そう言ってチャーリーは両親とおじいちゃん、おばあちゃんの分までチョコレートを分けて食べました。 ある日、学校から帰ったチャーリーはおじいちゃんに呼ばれました。 「これでチョコレートを買っておいで」 それはおじいちゃんのへそくりでした。ひょっとしたらゴールデンチケットが当たるかもしれません。 素直におじいちゃんのいう通り走って買ってきたチャーリー。二人は一気に包みを. (C) Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. ラストシーンで父親らしき人が息子と別れ、とても長いエレベーターを涙ぐみながら上がっていく(天国行き?)海外の映画をご存じないでしょうか?昔昼のTVでそのシーンだけ見て泣いたので是非見てみたいのです。 もしかしたら・・ですが「ヘブンリーキッド」(1985)かな?ラストシーンは.

【映画】愛がなんだ 全部が好き。でもなんでだろう、 私は彼の恋人じゃない。 あらすじ 予告 キャスト 感想 ストーリーネタバレ 愛がなんだ 現代の恋愛事情を表してる? まとめ あらすじ 猫背でひょろひょろのマモちゃんに出会い、恋に落ちた。その時から、テルコの世界はマモちゃん一色に. · 秘書たちが悪を討つ「七人の秘書」が12月10日の放送で最終回を迎えた。岩下志麻演じる“大物秘書”と勝村政信演じる“加地秀樹”の登場に視聴. 警官マルチェッロは「感染源は動物で、変異したウイルスが、一気に人間のあいだで広まった情報くらいしか知らない」と言います。その情報すら、事実かどうか分からないと付け足しました。 マルチェッロはいつも通り朝8時に出勤して、パトロールの任務に就いたのですが、午前10時にはすでに、仲間と連絡が取れなくなっていたと言います。 マルチェッロには結婚して2年の妻・キアラがおり、妻は警察用の避難シェルターに逃げ込んだことを確認したと告げました。 マルチェッロは拳銃に弾を込めると、クラウディオに渡して「俺が眠りについたら、頭を2発撃て」と指示します。ゾンビになりたくないから、代わりに殺してくれという意味でした。 クラウディオが拒否すると、マルチェッロは「化け物になるのは嫌だ、ダメなら自分でやる」と言い、すぐさま拳銃自殺をしようとします。 それを制止したクラウディオは、マルチェッロに殴られました。 夜になりました。 マルチェッロの傷口から白い汁が湧きだし、耳から血を出しているのを見たクラウディオは、マルチェッロに話しかけます。 マルチェッロにすでに理性がないと分かったクラウディオは、発砲して殺しました。言われたとおり、頭に2発撃ちこみます。 しかしその際に、クラウディオもふとももにけがをしました。 銃声を聞きつけたゾンビが、エレベーターの外に集まります。 クラウディオはやけになり、銃撃して撃退しました。エレベーターの前には、ゾンビの死体の山ができます。 早朝。何かの物音がします。 クラウディオは救助が来たのかと思いますが、単にスマホに登録した、朝7時のアラーム音でした。落胆します。 するとまたスマホが鳴りました。今度は着信で、未登録番号からのものです。 いぶかしげに電話を取ったクラウディオは、妻・ロレーナの声を聞きました。驚きます。 ロレーナは襲撃に遭遇した直後、外へ逃げて軍隊に保護されていました。妻も無事で、軍隊も健在だとクラウディオは知ります。 クラウディオはまだエレベーターに閉じ込められていることを告げますが、通話の途中で携帯の電池が切れました。がっかりします。 マルチェッロの遺体を踏み台にし、クラウディオは外扉の上部についている、ストッパーを外しました。 外扉が開きます。 覚悟を決めて這い出したクラウディオは、エレベーターの外にできた死体の山を踏みながら歩きます。 腕時計. いかがでしたか? 今回は『チャーリーとチョコレート工場』のあらすじ、ネタバレについてご紹介いたしました! 「ネタバレ」では心優しいチャーリーの家族への愛、そしてウォンカの家族との仲直りについても触れていきました。 予告編はこちらになります♪. 年公開、堀部圭亮監督、脚本。 原作は木下半太の同名小説。 映画の他テレビドラマ、舞台、漫画にもなった。 あらすじ クビ とあるマンションのエレベーターに乗った順(斎藤工)は何故か気を失ってしまう。. 映画【シャイニング】のレビュー記事です。 あらすじ、作品情報、総合評価を書いております。 また、映画に出てくる集合写真の意味を考えてみました。.

松村北斗(SixTONES)×森七菜 W主演で贈るラブストーリー!映画『ライアー×ライアー』. 携帯電話に着信がありました。妻のロレーナからです。 ロレーナは、誰かが玄関を叩いていると言い、電話線が切られていると告げました。 その際にロレーナが、「テレビニュースでおかしな人たちが、女性記者を襲っていた」と言います。 電話を一旦切ったクラウディオは、気になってスマホで襲撃事件について調べてみました。 するとすぐそばのフロアで、バタバタと人が走る音が聞こえます。 助けてもらおうと声をあげかけたクラウディオは、目の前で人が、凶暴化した人物に襲われるのを見てあぜんとします。 どうやらそれは、ゾンビ化した人たちのようでした。クラウディオは動転します。 妻のロレーナ宅へ向かわせた部下・ステファノから電話があり、「道路が封鎖されている」ということばを最後に、連絡が途絶えました。 管理会社とも、秘書のサラとも、妻のロレーナとも連絡が取れないので、クラウディオは別の意味で焦り始めます。 今までは「エレベーターに閉じ込められて怖かった」のですが、今度は「何が起きているのか分からなくて怖い」のです。 しかし、ゾンビのような者がいることは、この目で見て理解していました。 浮気相手の女性がエレベーターの扉から顔を突っ込みますが、女性が感染しているのを見たクラウディオは、手すりをはがしてその棒で撃退します。 棒で遺体をエレベーターの外に押しやり、カバンの中に入れてあった水を出して、クラウディオは飲むと顔についた血をふきました。 エレベーター内部の血が気になるので、資料をばらまき、血を紙に吸わせます。 そうしておいて、スマホを再び手に取りました。 警戒していると、シルヴィアという女性がエレベーターの前にやってきます。 シルヴィアは感染していませんでした。 隠れたいシルヴィアは、エレベーターの中に入りたがりますが、隙間からは入れません。 クラウディオはシルヴィアに、大声をあげるとゾンビを呼んでしまうから、静かにしていろと言うと、手すりを使って隙間の幅を広げようとしました。 しかし隙間の幅は広がらず、シルヴィアを入れるのは無理でした。 そうしているうちにゾンビがやってきて、シルヴィアは逃げます。 男のゾンビがやってくると、エレベーターの隙間からクラウディオを襲おうとします。 クラウディオは慌てますが、シルヴィアがゴルフクラブを持ってきて逆襲しました。ゾンビは倒れます。 ほっとしたのも束の. · 映画 ラスト エレベーター クビ 密室系推理ホラー×デストラップ映画の金字塔『cube』。「目が覚めたら危険な密室にいた」という今やホラーの一大ジャンルと化している密室ホラーの火付け役でもある映画『cube』の、今更触れない魅力あるあらすじや衝撃のラストとはいったい. エレベーターが、突如として非日常的空間へと変貌するシチュエーション・スリラー。超高層ビルのエレベーターに閉じ込められた者たちが.